小説『血と狂』
5f7bbed74b083968bb340ca0 5f7bbed74b083968bb340ca0 5f7bbed74b083968bb340ca0

小説『血と狂』

1,500 JPY

Free shipping

About other shipping cost

戦国時代から江戸時代へと移り変わる時。 越前の地で絵筆を奮った絵師・岩佐又兵衛と 暴君として追放された福井藩二代目藩主・松平忠直がいた。 二人の間で交わされたものは、ほとんど残っていないが 忠直のお抱え絵師として描き続けた又兵衛の作から その深く強い交わりを感じさせる。 三国在住の作家・長谷川展(はせがわ のぶる)氏による オリジナルストーリー。 「彼らを通じて福井の歴史を知ることで、このまちに誇りをもってほしい」 というメッセージが込められています。 表紙の題字は福井藩松平家の菩提寺である 大安禅寺の副住職・高橋玄峰氏のものです。 * 小説『又兵衛と忠直の枷 血と狂』 著者 長谷川 展(はせがわ のぶる) 全346ページ B6 無線綴じ 編集・DTP・デザイン HOSHIDO 佐藤実紀代、伊藤ゆか